AGAは亜鉛が有効!?他にも役立つ成分いろいろ

AGA(男性型脱毛症)に亜鉛サプリメントが良いということをご存知でしょうか。亜鉛はミネラルの一種で、亜鉛が不足すると味覚障害を引き起こすことは知られていますが、亜鉛不足は頭髪にも悪影響が出ることがわかり、亜鉛サプリメントを薄毛や抜け毛対策に飲んでいる人が増えています。

というのも、クリニックで行うAGA治療の際に、AGA治療薬(プロペシア、ミノキシジルタブレット)とともに亜鉛サプリメントが併用されているという事実が、亜鉛サプリメントの効果を実証しているからなのです。

亜鉛には男性ホルモンの生成を抑制する働きがあるので抜け毛を減らす効果が期待できます。亜鉛はタンパク質の合成に必要なので、毛髪を太く強くするためには不可欠です。さらに、亜鉛には細胞を活性化する作用があるので、毛髪を作り出す細胞である「毛母細胞」も活性化してくれるのです。

AGA(男性型脱毛症)の人は毛母細胞の元気がないため、髪が太くなる前や長くなる前に抜けてしまったり、細いまま抜けてしまうことが多いのですが、亜鉛サプリメントで毛母細胞を活性化させればそれらが解消されることが期待できます。

AGAクリニックで処方される亜鉛サプリメントは1日あたり30mg前後の亜鉛が摂取できるものが使用されていて、1日あたり15~50mgの亜鉛を摂取すると発毛や育毛が改善されるという研究報告もあります。ホルモンや毛母細胞に働きかけるには、体の外側からだけでなく内側から働きかけることも必要なのです。

育毛に有効な成分として「亜鉛」を挙げましたが、亜鉛以外にも育毛や発毛に効果がある成分はあります。たとえば、ノコギリヤシ、イソフラボン、カプサイシン、コラーゲンペプチドなどです。

まず、ノコギリヤシですが、おそらく人気のある売れている育毛サプリのほとんどに、このノコギリヤシが配合されているのではないでしょうか。ノコギリヤシは、AGA(男性型脱毛症)クリニックで処方される「フィナステリド」という薬と同じ働きをします。

フィナステリドは医薬品なので病院やクリニックで処方してもらう必要がありますし、副作用の心配もあります。しかし、ノコギリヤシは自然由来ですから副作用の心配はありません。

イソフラボンは女性ホルモンの「エストロゲン」と似た働きをするとして女性の間では有名ですが、ホルモンバランスを整えることはAGA(男性型脱毛症)にも効果があります。

カプサイシンは赤唐辛子に含まれていますが、血行を良くすることからダイエットサプリにも配合されています。

コラーゲンペプチドについては、抗脱毛作用が頭皮に直接作用するとしている育毛サプリもあります。この他にも、研究によりさまざまな有効成分が発見されて配合されたり、組み合わせることで効果を発揮する成分がたくさんあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です