漢方薬

漢方薬というのは、本来体が持っている治癒力を高めていくことで、さまざまな症状を治すという東洋医学から生まれたものです。摂取または体に塗る事で作用します。

血行をよくするショウガや、牡丹皮、ニンジンなどは毛乳頭細胞の活性化を促進して、髪の毛が太くなるとされています。また、育毛剤にもよく配合されているセンブリエキスですが、頭皮の血行状態をよくする効果があります。

センブリエキスは摂取することでも血行促進作用があって、うちから外から脱毛に対して効果が期待できます。

髪の状態が悪いということは頭皮の血液が不足してしまっている状態のことでもありますので、血行を改善する事は薄毛や抜け毛の改善には基本的な対策です。

また、他にも血行促進作用のある漢方薬にはトウキエキスやトウガラシエキスなどがあります。

ホルモンバランスが崩れた事による薄毛対策には調整作用のあるヨモギエキスやビワ葉エキス、オトギリソウエキス、頭皮の環境を整えるには頭皮環境を整えるにはヒノキや芍薬エキス、ショウキョウエキスなどが有効です。

漢方薬というのは全てが天然素材に由来しているものですので、西洋医学の薬に比べると体に対する悪影響も副作用もほとんど心配はないとされています。ですので、多くのかたが問題なく使用することが可能です。

ですが、漢方薬にも相性がありますので、人によっては合わない場合も考えられます。最初に使用するときには少量ずつ様子を見ながら試してみる事をおすすめします。

体質に合わない漢方薬を摂取してしまうと、胃腸障害や蕁麻疹などの症状が起こることもあります。天然素材だからこそ食べ物にアレルギーがある人がいるように、素材に対して何らかの反応や異変を起こしてしまう人もいるのです。

漢方薬を摂取することで食欲が衰えたり、熱が出てしまったり、動悸を感じたり眠りが浅くなってしまうなどの症状がまれに出ることがあります。肌につける事でもかゆみを覚えたり湿疹が出てしまうこともあります。

副作用は少ないものですが、何がしか異常を覚えた場合には使用を中断して、医師または薬剤師に早めに相談することです。